消費税増税による私たちの影響

毎年圧迫される消費税に悩まない!計算方法や改正について - 消費税って何?増税での影響は?

消費税って何?増税での影響は?

1401872256118
    消費税というのは、何かを購入する時に必ず発生する税金となっています。
    ですから、私たちにとって、一番関連性の高い税金といえるでしょう。
    消費税というのは、何か商品を購入する時だけではなく、有料のサービスに加入をするときにも発生します。
    消費税は国や地方自治体の税収となるのですが、その税収の使用目的というのは、限定されているわけではありません。

消費されるもの全般に、この消費税が適用されることになります。
法律の観点から見ると、業者にも発生することになるのですが、消費者が何かを購入する時に発生するほうが数としては多いでしょう。
他の税金の場合、収入などに応じて税率が変わったりすることが多いのですが、消費税の場合は、老若男女に関係なく、商品やサービスを購入すると必ず発生します。
ですから、所得税や住民税のように把握しにくい税金とは種類が違うと考えることもできます。
所得の場合、貯金として蓄えられるということも多いのですが、生活をしていく限り消費税というのは必ず関わることになります。
消費者が消費をすることによって、消費税の計算方法をみて自分の税を確認し、消費税を支払うことになるのですから、税収としても安定をすることになりますし、国民にとっても避けて通ることはできない税金となるのです。
消費されないサービス、例えばゴルフ場でゴルフをする場合でも、消費税が発生することになります。
ですから、消費されなければ消費税は発生しないというわけでもないのです。
この消費税が初めて導入されたのは、フランスだといわれており、歴史が長い税金でもあります。
日本で諸費税が導入されるようになったのは、1989年ですから、日本ではまだそこまで歴史は長くありませんが、国の税収としてとても重要な税金になっています。
最近、日本でも消費税の税率が高くなってきており、国民の負担も重くなってきています。
そのため、消費税の税率をアップさせるということに関しては、賛否両論が真っ二つに割れている状態となっています。

消費税の予定納税って何?

消費税のことを紹介されるときに、「予定納税」って言葉が使われることも多いです。
この予定納税というのは、前年度の税金が決まっている時に使われることになります。
予定納税で決算をして中間報告をするようにしたほうが、予算を組み込みやすくなるといわれています。
一定の確定税金額がある場合、差し引き税額として計上されることになります。
前年度に行って以上の確定税金額があるのであれば、翌年度に一定額の予定納税をしておかなくてはならないと定められています。
 
また、予定納税額は何度もしてもいいというわけではなく、上限回数も定められています。
前期納税実績を計算して算出されたものが、消費税の予定納税とされます。
計算期間の税金額によって、予定納税の申告をすることも可能となっています。
計算期間の税金額を算出する方法というのは、仮決算をによる中間報告とも言われています。
前期納税実績の予定納税と、納税額は変わらないのですが、個人事業主の売り上げ次第で予定納税の形態が変わることはあります。
前年度の確定税金額が60万円なのであれば、仮決算で中間報告をして、消費税の予定納税をしなくてはなりません。
60万円の確定納税になっている場合、375000円の予定納税額となります。
また、1月から6月末日までの実績から仮決算での中間報告をするようにしなくてはなりません。
前年度と比べて、1月から6月までの実績が下がってしまっている場合、実績金額よりも予定納税の金額のほうが高くなってしまいます。
このような場合は、後で納税をすることができるようになりますから、資金繰りをしやすくなるのです。
予定納税をする場合、口座振替や納付書による支払いが主流となっています。
なお申告書の提出期限になった時点で、申告書を提出していなかったとしても予定納税をしたと判断されることになります。
この場合、締切日までに納税をしなかった場合、延滞税が発生することになりますから、期日までに終わらせるようにしなくてはなりません。

増税への負担を軽減させる

増税が生活の負担をどんなに苦しめるものでは私たち国民は税金を払わなければなりません。
そうなってくると生活は圧迫し苦しくなっていきます。この状況を乗り切る対策として今人気を集めているのが「副業」です。昔は副業といったら内職でちまちま稼ぐ印象でしたが今の副業は月に万単位で稼ぐ事が簡単になってきました。種類も増え副業 福チャンといった副業ポータルサイト等で今では自分が好きなジャンルの仕事を探し自分のライフスタイルに合わせた副業を選ぶ事も可能です。

Copyright(C)2014 消費税増税による私たちの影響 All Rights Reserved.